スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
平成中村座in大阪城
2010 / 10 / 18 ( Mon )
10月16日   土曜日   晴れ

十月大歌舞伎
大阪平成中村座

   一、熊谷陣屋

   二、紅葉狩

   三、封印切

まちに待った日です
すっきりと晴れた秋空のもと馬場町交差点を渡りますと
もう このパタパタで気分も盛り上がります
このあたりから ますます気持ちがわくわくしますので
パタパタゆれるのぼりは 合いの手みたいです
「パタパタ」

近くにあるのになかなかこないので
こんな広いことを忘れていました
あの先の門までも ずいぶんあります
「ひろいなー」

たのも~っ!?
  どなたか いらっしゃらぬか?
・・・いっぱいいてはります(笑)
「でっかいモン♪」

おおきな石垣にも感動して また門をくぐります
「またモン」

西の丸庭園は 入場料200円だそうですが
中村座のチケットを見せれば通らせてもらえました
「入り口はこちら」

わ~! ひろ~い!
ずーっと向こうにみえる黄色いテントが
平成中村座です
  西の丸庭園にはいったとたん
中村勘三郎さんの気概を感じるくらいに思いました
ここに芝居小屋・・・すごい事です
「こりゃ~ひろい!」

きもちのいい芝の匂いをかぎながら進み
右をみたら ドドーン!
「ひゃっほ~!」

中村座の舞台奥にお城が控えるという立地
最高の見せ場で バーッと舞台奥が開き
秋晴れに映えるお城がバックになると言うのを聞いていました
これは 想像していたより
実際に見て 場内のみんなと一緒に嬉しいので
あの盛り上がりは すごく素敵で嬉しかったです
「ここよ~」

この場所に ずっとあればいいのにな
なんて思いました
「パタパタパタ」

虎も凛々しく見えます
座布団席の松席の方々の席からは 天守閣まで見えたことと思います
私の席は竹席 小屋の中心の席のひとつ後ろくらいで椅子席なので
てっぺんまでは見えませんでしたが
秋晴れの空気までもが舞台の一部になるというのは
なかなか味わえない感動でした
「トラトラ」

どの人も嬉しい顔と空気
普段の芝居見物でも これは私の嬉しいことのひとつですが
今回の中村座は格別のものがあります
「いいね~」

入り口で靴を脱ぐのもリラックスできて
お茶子さんがとてもさわやかで親切で気持ち良かったです
「うれしいよー!」

建物の外からも 中も
全部に 勘三郎さんの心意気を感じてほんとうにいい時間でした

花道から 出てきた 白い馬に乗った中村獅童さんの綺麗で凛々しいこと

橋之助さんの上品な色っぽさ(・・・思わず「カッコエー」と声に出してしまいました)

勘太郎さんの美しい更科姫が鬼に変化してラストの獅童さんとのキメのシーン

七之助さんの梅川のいじらしい姿

井筒屋おえんを演じた扇雀さんがあの場の要になっていたのも味わい深く感じました



キメのシーンでの

役者の息遣い まなざし 形の美しさ どれもが ビシッと決まって

場内の拍手が どどーっと湧き上がる瞬間は

大きな絵画が迫りくるように感じます 歌舞伎の魅力は とても強いです 

また この小屋で観たい!
これを 見逃さなくてよかった!って本当に思います


「焼肉入りなのでヤングな感じなの 1050円よ」

あぁ 大満足♪
12 : 30 : 03 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シリコンスチーマー | ホーム | トーストサンド>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://u2to6.blog90.fc2.com/tb.php/1676-5622d362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。